安さ鉄板の業者、アルピナウォーター

 ウォーターサーバーは、きちんとした業者が販売している限り、安くても品質はしっかりと保証されています。ですから、家庭などで利用したいと考えるなら、できるだけ安い業者を選びたいと多くの人が思うのは当然です。ペットボトルのミネラルウォーターをスーパーなどに買いに行くのは手間がかかるし、なにより重い荷物になってしまいますね。ウォーターサーバーは、業者が水を家まで宅配してくれますし、いつでも熱いお湯が使えるようになります。便利な上にコストも抑えられるので、とにかくお得です。業界の中で、どこが安いのか、見ていきましょう。

 月ごとにかかる費用も、年間でかかる費用もダントツに安いウォーターサーバーが、アルピナウォーターです。いろいろな業者と比較してみても、最安値であることがわかります。水は12リットル入って1本948円です。サーバーレンタル料金が月ごとに572円かかりますが、その他必要な経費は一切ありません。1年未満で解約すると、解約金が発生してしまいますが、1年経ってからでれば、問題ありません。

 他の業者の中には、月ごとに注文しなければならない水の量が決まっているなどするところもあります。だいたい月ごとに2本か、3本のノルマがあるところが多いのです。ノルマがある場合、注文できないと追加料金が発生したり、定期的に宅配される水がどんどんたまっていったりしてしまいます。アルピナウォーターは、そうした月の注文ノルマなどが一切ありませんので、使用する量が少ないという人でも、安心して購入することができます。家族の人数が少なかったり、昼間は学校や仕事などで、ほとんど家にいなかったりする場合は、消費量が少なくなるかもしれません。しかし、子供がいる家庭では、ほとんどの場合が月に3本ほどのペースでサーバーの水を消費していきます。ですから、もし月ごとのノルマがあっても、それほど心配する必要はありません。

 アルピナウォーターのサーバーはすべてチャイルドロックがついています。かつては、小さな子供がサーバーを触って熱いお湯をだし、火傷をしてしまうなどの事故も、業界の中ではありました。ですから、現在のサーバーにはすべてにチャイルドロックがついています。小さな子供がいる家庭でも、安心して置いてもらうことができるようになりました。子供ができたタイミングでウォーターサーバーの利用を始める人も多いように、ウォーターサーバーは子育てには非常に強い味方です。保育園や託児所などの施設でも、多く利用されています。子供が口にするものですから、きれいで安心なものを提供したいですよね。ミルクを作る際などにも、熱いお湯をいつでもすぐに使うことができますから、とても便利です。大人の方でも、ちょっとコーヒーが飲みたくなったときなど、いちいち水を沸かす必要はなくなります。

 アルピナの水は、天然水をROシステムでろ過したものを提供しています。天然水は、山などで湧いた水であり、ミネラルを豊富に含んでいるため、こだわりを持って天然水を選ぶという人も多いです。しかし、雑菌やウィルスも含まれている場合があるのです。ROシステムでろ過をするおと、そうした雑菌やウィルスなどを取り除くことができます。一般的には天然水の方が、値段が高い場合が多いです。きれいで飲み水として安全な天然水というのは、やはり価値が高いためです。ですが、アルピナの水が品質的に劣るということはありません。むしろ、値段が安い上に、ろ過していることで安全性も高まるので、アルピナの水は安くて安全ということになります。

 アルピナが天然水をろ過するために用いている方法はROシステムと言われる、逆浸透膜ろ過というものです。なんだか難しい名称で、ピンとこない人が多いかもしれません。どういうものなのかというと、逆浸透膜の技術を利用しており、環境にやさしく、水不足を解消し、コストも大きく削減することを叶えた、きれいな水を作り出す、現代の究極の技術です。ROシステムというのはもともと海水を淡水にろ過するために開発されました。微粒子やイオン物質などは通さずに、水だけを通すろ過装置を利用します。非常に純度の高い水を取り出すことができるので、医療現場や半導体製造工場など、完璧な純水を必要とする施設の多くで、利用されています。このろ過方法を用いて、アルピナは天然水をろ過し、安全な飲み水を提供しているのです。

 ウォーターサーバーの購入を検討しているのであれば、間違いなくアルピナがおすすめです。購入を迷っていたり、試しに使ってみたかったりという方には尚更です。業界最安値で、安全な水を提供してくれます。子供がいる家庭では、とくに重宝されています。チャイルドロックがついているので、子供がまだ小さくても、安心して置くことができます。
試しに1年間使ってみるというのはどうでしょう。どれくらい便利なのかが分かれば、きっと使い続けたくなることでしょう。

関連記事